現役ホステスが見た芸能界の裏のウラ

ニュースだけからじゃ分からない芸能界のウラ話を暴露しちゃいます。

70過ぎてもロックンロール

 

内田裕也が逮捕されたわね。


樹木希林が68歳、内田裕也は71歳。


ニュース記事はこんな感じ。


交際していた50歳の女性会社員を脅し、
復縁を迫ったとして

警視庁原宿署に強要未遂と住居侵入の疑いで
逮捕されたロックンローラー、内田裕也容疑者。


会見を開いた別居中の妻で女優の樹木希林は
“不肖の亭主”を痛烈に批判しながら、


被害者に「(悪事を)さらしていただいて
逆にありがたかった」と感謝するなど、
見事な尻拭いをしてみせた。

その記者会見での樹木希林の冷静な対応が、
いろんな意味で凄いって感じ。


ほんとにあった怖い話 完全版


リクルートの結婚情報誌で二人が共演した
CMがあったの覚えてるかしら?


夫婦初共演で話題を呼んだ「ゼクシィ」のCMで、
樹木が「結婚のいいことってなんでしょうね」と聞くと、

袴姿にサングラスの内田容疑者が「ノーコメント」、
そして「ロックンロール!」と煙に巻く掛け合いが絶妙だったわね。

逮捕を受けて、都内の自宅で記者会見したときに、
樹木希林は「CMの中で夫婦がうまくいっているとは
言ってない。ウソはついてないので助かりました」だって。


週刊結婚情報


1973年に結婚したけど、その1年半後から
夫の暴力などが原因で別居生活に入っていたことも
明らかに。


ということは、30年以上別居状態なのね。


「来世は会いたくない」とまで言ってるわりには、

「籍を入れた責任上どうするかを考えながらいきたい。

夫1人だけ、奈落の底に落として、自分だけ保身
ということはしません」と離婚は否定しているのよね。

実際、“人生はロックンロール”が信条で奔放な夫は、
何度も離婚をしたがって、実際に離婚届を
出したこともあったんだって。


なのに妻の樹木が先回りして
離婚届の不受理申出書を出したり、
家庭裁判所に無効を訴えたり。

並みの神経では、どんな夫婦なのかうかがい知れないわ。


明るい離婚計画

 

「若いころ、暴力は毎晩」と訴えつつ、
「私も負けじと電話の受話器で夫の頭を殴った」なんて言って
報道陣の笑いを誘ったりもしたらしいの。


これまでにも何人もの女の人といろいろ
あったみたいだけど、女性の方が公にしなかったので
事件にならなかったみたい。


だから、今回の女性にはさらしてくれてありがたかったと
言ってるのね。


今回は被害女性が原宿署に相談して発覚。


内田裕也を庇う発言もしているのが凄い。


被害者について、内田容疑者のマネジャーから
聞いた話として、


「スチュワーデス(客室乗務員)の
女性で、彼女が以前に付き合っていた人に相当貢いでいた。


お金を返してくれないと内田に相談したら
『どうにかしてやる』と言って、お金を返させた。


そこから(交際へ)発展したらしい」と、
“良い面”をフォローしたり、


6日に被災地の宮城県石巻市を慰問したが、
「被害の惨状をみてうつ病になったと聞いている。


そのことを受け入れてほしくて、女性に迫ったのでは」と、
と発言しているの。


夫婦って何なのか考えさせられるわね。

ラサールさん、余計なお世話!


浅田真央と高橋大輔が付き合ってるって
記事が女性セブンに載ってたの。


 4月の世界選手権前に真剣交際開始

3月下旬のある日のこと。


名古屋駅近くの雑踏の中を浅田真央と
高橋大輔が手をつないで歩いていたというの。


高橋さんは変装もなし。
真央ちゃんはキャップを目深にかぶってたらしい。

ストレートロング (ブラック)【仮装・変装パーティかつら・セミロング・ロングヘアー】


目撃した人が言うには、


「最初は大輔くんに気づきました。


カッコイイ人だなって思って見てたら
本物の大輔くんだった。


それで横にいた細くてスタイルのいい
女の子を見たら、
真央ちゃんだったからびっくりですよ」
(40代女性)


4月の世界フィギュアで、6位と散々だった
真央ちゃん。


ラサール石井ブログで


<早く彼氏を作るべき。エッチしなきゃ
ミキティやキムヨナに勝てないよ>


とつぶやいて大騒動になったわね。

 【書籍】はじめてのツイッター入門


ふたり共通の知人は、


「世界選手権前には正式につきあい
始めたと聞きましたよ。


大会が延期になったことで、
一緒に過ごす時間ができたようなんです。


震災後、真央ちゃんは被災地の状況に
かなりのショックを受けて、


練習にも身がはいらないほどだったんですが、
そんな彼女をそばで支えたのが
大輔くんだったそうです」


事の真相は、よく分からないわ。


草ナギ剛、また露出?




露出といっても、喜ばしい方の露出。


橋田賞っていう日本人の心や人の触れ合いを
温かく取り上げてきた番組や人物に贈られる
賞の授賞式が、都内のホテルであったのね。


それにSMAPの草ナギ剛や仲間由紀恵が
出席したということなの。


2人が主演した


「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」


が大賞に選ばれた。


米国に渡った日本人一家の苦闘を描いた
TBSの5夜連続ドラマだっていうんだけど、
脚本が橋田壽賀子だってどうなのかしらね。


草ナギ剛は「素晴らしいキャストと大きな作品を
作れたことがうれしい」と涙ながらにあいさつし、
仲間由紀恵が白いハンカチを手渡すシーンも。

そして自分は「強い愛情を込めて作った作品。
家族のきずな、人と人との強いつながりがあれば、
生きていけることを学んだ」と話したの。

なかなか大人のコメントよね。


それで新人賞は、NHK連続テレビ小説
「ゲゲゲの女房」で夫婦役の松下奈緒と向井理が
受賞したの。


向井は「水木(しげる)さんに負けないよう、
自分もパワフルに活動していきたい」って、
ゲゲゲパワー全快だわ。

ゲゲゲの鬼太郎


草ナギ剛っていえば、韓国の本を翻訳したわね。

韓国ではシリーズ360万部も売れた本らしいの。

「月の街」とか「山の街」とか呼ばれる
韓国の貧民街の話だって。


そこで暮らす人々の日常を描いた
ささやかな幸せいっぱいの実話短編集だってさ。


翻訳したのが草ナギ剛ってのもすごいわね。

そんなことできるの?って感じ。

月の街 山の街
イ・チョルファン・著/草なぎ剛・訳/11年2月発売/ワニブックス・刊

もちろんサポートするスタッフがいるんでしょうけどね。


草ナギさんに翻訳を依頼した、発行元のワニブックス
飯島真梨さんは

「韓国語が堪能であることに加え、
チョナン・カンとして日韓交流に大きく
貢献してきたこと、


さらにご本人の真摯で誠実な人柄が作品の
雰囲気と重なったため」と、


その理由を語ってるんだけど、
ちゃっかり話題づくりに利用してるって事ね。


選定作業にも参加したという草ナギさんは、

「韓国ならではの、家族を大事にする気持ちや
愛情深さが凝縮されている。

日本人と少し違う考え方や表現に違和感を
抱くこともあるが、その感覚こそが
僕が韓国にはまる理由。

楽しみながら翻訳できた」とコメント。

よかったら読んで感想聞かせてね。

RSS・ブックマーク