上原美優さんの自叙伝が品薄に…10倍の値も


24歳の若さで自殺したタレント、上原美優さんが
2009年5月に出版した自叙伝


『10人兄弟貧乏アイドル☆ 
私、イケナイ少女だったんでしょうか?』
(ポプラ社刊、1260円)


が、品薄状態となり、ネットの通販や
オークションでは高額で取引されてる。


この本は、発売当初からその内容が話題を呼んでた。


上原さんが亡くなった12日の午後には、
東京の三省堂書店、紀伊国屋書店など
大手書店の在庫がなくなり、
「1カ月の入荷待ちになります」と話す店舗もあった。
Q89♪アマゾン・ドット・コム:楽オク中古品


先週末にはネット通販のアマゾンの
アイドル本ランキングで、AKB48のガイドブック、
メンバーの写真集などに続いて5位に急上昇、


中古品が16日午前には
4800~1万2000円で出品された。



ヤフーオークションでは、この自叙伝の初版本が
3000円以上の値をつけているほか、

『上原美優写真集 はれ、ときどきナミダ』
(東京ニュース通信社、2800円)

が、7000円以上の値をつけるプレミア価格も。



上原さんは、自叙伝の中で、壮絶な半生を告白している。

実録・ドキュメント893 売られた女の人生 【DVD】



深刻な内容も含め、大家族での貧乏育ちを
明るいタッチで描きながら、
こう締めくくられていた。

《いつか、私もたくさん子どもを生んで、
父ちゃん母ちゃんが私を育ててくれたように、
子どもを育てたい。

ちゃんと名前、覚えてね(笑)》

なぜ自殺してはいけないか?