島田紳助は、自分が小心だと知っていたらしい。

暴力団はそれを隠すための隠れ蓑だったんじゃないの?


そして今回、元モーニング娘の加護亜依の自殺未遂騒動と
その原因とされる彼氏の安藤陽彦。

この安藤陽彦という男は自称飲食店プロデューサーだけど
本当は女でメシを食っている怪し~い男らしい。

市川海老蔵で有名になった古山義邦と似たり寄ったりの
レベルの男だけど、西麻布・六本木では有名人とか。
女を口説くのがうまい人、へたな人


加護亜依は、何でまた安藤みたいな男と付き合うように
なったのかしら?

加護亜依の芸能界略歴:

12歳 モーニング娘。に加入。グループ中1,2を争う人気メンバーに。
15歳 モーニング娘。を卒業
16歳 フライデーに喫煙現場を撮られ謹慎
18歳 麻原彰晃+大塚明夫似のSOMA CAFEオーナー(36)と温泉お泊まりデート&
   車内での喫煙を再び撮られ事務所解雇。
   バッシングのストレスで生理が止まり円形脱毛症になる。
19歳 文具用はさみでリスカという自殺未遂したことを告白し、芸能界復帰
20歳 セミヌード写真集出版。当時の彼氏にDVで鼻骨折。
21歳 映画共演した占い師の息子で俳優の水元秀二郎(34)と不倫発覚。
22歳 俳優の元妻に不倫で訴えられる。
   調停をすっぽかし200万円支払い命令
23歳 復帰後の事務所でドタキャン連発。謹慎後、突然の契約解除通告。
   ..同棲相手である飲食店経営者安藤陽彦44歳(華原朋美の元彼)と
     独立しての芸能活動復活を画策するも
     安藤が2000万の借金をチャラにするためバックにヤクザがいると
     貸主を脅したことで恐喝未遂容疑で逮捕され失敗。
     薬物多量飲用の末手首を切り2度目の自殺未遂。←イマココ

依存性薬物と乱用・依存・中毒

これ見ると、18歳頃から流れが変わったような感じ。

家庭も決して円満とはいえない。

・大阪西成地区の暴力団・互久楽会 初代会長はおじいさんの加護敏雄。
・実父の覚醒剤逮捕歴
・種違いの弟の障害
・母の再婚相手(継父)の会社が倒産
・「モーニング娘」時代の稼ぎを全額持ち逃げされる

若くして成功し、年不相応な収入を得る。
まわりにチヤホヤする人間もいる。

そのときに、正常な認識を持てるかどうかで人生が大きく変わる。

でも、暴力団が深く関わる芸能界で正常な認識を持ち続けるのは
容易じゃないかもねぇ。

ましてや、本人に勢いがなくなっていたら・・・。
藁にもすがりたいときに、藁も目の前から消えたら・・・・。