2008年正式に交際開始からわずか6日後に
電話でプロポーズという超スピード婚で話題をさらった。

3年後の実態

綻びるのも早かった。
去年8月に別居して、翌9月に離婚調停に。
でも決裂して、今年3月、とうとう
政伸が裁判を申し立てて係争中。

結婚生活の良循環・悪循環


家を出たのは政伸だから、
離婚に反対してるのは美元だっていうのは
明らかなんだけど、

夫婦関係が修復されることはなさそう。

別居が始まった直接的なきっかけが

美元の誕生日パーティだったと見ていいかしら。

去年6月の東京・青山のレストラン貸し切りでの
美元の誕生パーティーで政伸は
引きつった笑顔で挨拶に立っていたの。

その挨拶の中で、美元から

「今日のスタッフさんに渡すお金がないから持ってきて」

パトロンは夜毎に愛す

といわれたこと、

それで銀行のATMでお金をおろして
駆けつけたことを告白した。

普通だったらそんなことゲストの前で言わないわよね。

その直後に、政伸は美元と住んでいた家を出たらしいわ。



美元は日本人の父と韓国人の母、
そして兄の4人家族だったけど、
体の弱かった母親は美元が9才のときに亡くなってる。

美元を知る人は「当時はかなりひどいいじめに
あっていたそうです」とも話している。

経済的にあまり裕福でなかったこともあって、
地元商店街でアルバイトなどを4つかけ持ちして、
10代後半のときにわずか1年半で500万円を貯めた。

貧困からの脱出

そんなときに挑戦したある企業のイメージガール
コンテストで、ミス・ユニバース大会への出場の
きっかけをつかんだ。

そして、2000年度準ミス・ユニバースジャパンを受賞。

すると同時に、彼女自身も変わっていった。

ミス・ユニバースは最終選考のときに“安物ではなく、
ブランド物を身につけなさい”と教えられるらしい
んだけど、そのときから彼女は一気に
ブランド志向になったんだって。

でもミスになったからって、いきなり大金や仕事が
舞い込むわけじゃないから、当時はまだ
ファミリーセールの招待状が来れば欠かさず行く
常連だったし、古着を着ていくこともあった。

交友関係も一気に派手になって、
ファッションショーやパーティーのお誘いも
増えたから世界が変わったんだろうと言う
ミス・ユニバース関係者もいる。


2chでの発言を見ると、美元が一方的に悪いようには
見えないの。

こんな書き込みもwww

◆最初からゲイ偽装のカムフラ結婚じゃないの?
結婚当初から嫁が『徹子の部屋』で
「ベッドが別でこっちへ来てください、と誘っても、
夫は夜来るてくれない。」
とか笑いながらおかしな事言ってたよ。
本人は笑い話の実話のつもりだったらしいが、
新婚で異常だなあwという印象だったわ。やっぱりね。


◆ゲ○だというウワサが…あ、お兄ちゃんのほうだったっけ


夫婦間の溝がいろいろあるのは分かったけど
いったい「離婚の決定打」は何・・・・?

男女の魂の心理学


高嶋サイドは;

普段から耳栓やアイマスクをしていたわけではないし、
(美元の父親が)同居状態だったこともない」(高嶋の顧問弁護士)
との回答。


美元の所属事務所は;

「本人の話をそのままお伝えすると」と前置きしてこう説明。

「父親や親族が自宅に入り浸っていたという事実はありません。
飼い猫の世話を頼んだことはあるかもしれませんが、
それほど頻繁な話ではありません。

パーティ費用を(高嶋に)払ってもらったという話も事実無根です。
パーティの最中、スタッフへの支払いの時、
手持ちがないので立て替えてもらっただけで、
現在はすべて返済しています。
離婚裁判の争点については、申し訳ありませんが
現在のところお答えできません」


 
これは長引きそうね。

恋愛と結婚は違うのよね。
くれぐれも相手選びでは、

素早い決断で、ずっと後を引く後悔にならないように
という教訓を残してくれたわね。

まじめに男女交際